始め方

ウィリアムヒルは違法?安全性や信頼度を徹底調査!

ウィリアムヒルは、1998年からスポーツベッティングのオンラインサービスを運営する業界最古参のブックメーカーです。
しかし、海外のギャンブルサイトですから

  • ウィリアムヒルは違法なブックメーカーではないのか?
  • 賭けで増えた勝利金はちゃんと出金できるのか?
  • 日本人が利用して逮捕される恐れはないのか?

という不安を感じている人もいらっしゃるのではないでしょうか。

最初に結論をいうと


ウィリアムヒルは、ロンドン証券取引所に上場しているほどの大企業であり、合法的に運営されています。
したがって、違法性や安全性に関する心配はまったく必要ありません。

この記事では、さらに皆さんに安心してウィリアムヒルをご利用いただけるよう、その信頼性について分かりやすく解説します。

ウィリアムヒルの違法・合法を見極めるポイント

海外ギャンブルサイトの合法性、信頼性を見極める重要なポイントとして

  • 政府機関などから信頼性の高いライセンス認可を受けているか?
  • 運営会社はオンラインギャンブルが合法な国に所在しているか?

の2点をチェックする必要があります。
ウィリアムヒルがこれらを満たしているかを見てみましょう。

ライセンス

gbga-2

ウィリアムヒルには、スポーツベッティングとオンラインカジノがあり、それぞれ異なるライセンスを取得しています。
まず、スポーツベッティングでは英国領ジブラルタル政府のGBGA(ジブラルタルゲーミング委員会)という監査機関から認可を受けています。
ジブラルタルのライセンスは、業界内で最も審査が厳しく権威が高いことで知られており、ウィリアムヒルの信頼性を証明するものとなっています。

mga

また、カジノサイトはマルタ共和国のMGA(マルタ・ゲーミング・オーソリティ)から認可を受けています。
MGAも、ジブラルタルと並んで業界内での格付けでは1、2位を争うほどです。MGAライセンスを取得している大手サイトには、世界最大のオンラインポーカーサイト「ポーカースターズ」などがあります。
信頼度の高いライセンスを2つも取得していることから、ウィリアムヒルのライセンスについては問題ないと判断できます。

運営場所

日本人がオンラインカジノやブックメーカーで遊ぶ場合、運営会社の所在場所が重要です。
運営会社がオンラインギャンブルを認めていない日本のような国にあると、大変なことになります。

賭博罪について

日本の法律には、賭博罪というものがあります。賭博罪によると、日本国内でのオンラインカジノの運営は完全にブラックで違法です。
もし、オンラインカジノの運営会社が摘発・逮捕されると利用者も処罰されてしまいます。
しかし、ウィリアムヒルのように海外で合法的に運営されているオンラインギャンブルに関しては、日本からの利用を制限する法律はありません。
ただし、日本の法律の対象外ですから、サイト内でトラブルが起きた場合に助けてもらうことができません。
そのため、信頼できるサイト選びが非常に重要といえるのです。

ウィリアムヒルの運営元の場所は?

ウィリアムヒルはライセンスの項目で説明したように、英国領ジブラルタルとマルタ共和国に登記しています。

  • 【WHG(International)Limited】
    6/1 Waterport Place、Gibraltar
  • 【WHG PLC】
    William Hill Global PLC、Tagliaferro Business Centre、Level 7、High Street、Sliema SLM 1549、Malta

以上のことから、ライセンスと運営場所については違法性はありませんからご安心ください。

ウィリアムヒルの信頼度の高さを見極めるポイント

ここまでで、ウィリアムヒルのライセンスと運営場所については問題がないことが分かりました。
さらに、ウィリアムヒルが

  • 運営会社の情報を開示しているか?
  • カジノサイトで提供しているゲームのRTP(ペイアウト率)を公開しているか?
  • 日本語のサポートに対応しているか?

の3点を調べてみました。

運営会社の情報

運営会社 ・WHG(International)Limited(イギリス国内)
・William Hill Global PLC(イギリス国外)
運営会社の住所 【WHG(International)Limited】
6/1 Waterport Place、Gibraltar
【WHG PLC】
William Hill Global PLC、Tagliaferro Business Centre、Level 7、High Street、Sliema SLM 1549、Malta
企業番号・登録番号 ・WHG(International)Limited:99191
・WHG PLC:C96298
設立年 1934年
(スポーツブックのオンラインサイトは1998年から、オンラインカジノは2000年から)
メールアドレス support.ja@willhill.com
電話番号 +44 870 600 0479

ウィリアムヒルは、公式サイトで運営会社名、住所、メールアドレスなどを公開しています。
スポーツベッティングのサービスを開始したのは1934年ですから、業界最古参です。
しかも、会社はロンドン証券取引所に上場しますから、世界的な一流企業といっても過言ではありません。

ゲームのRTP(還元率について)

RTP

RTPとはリターン・トゥ・プレイヤーの略で、日本語では還元率、ペイアウト率ともいいます。
オンラインカジノの中には、このRTPを非表示にしているサイトが多いのですが、ウィリアムヒルが認可を受けているMGAでは、RTPを公開することを義務づけています。
したがって、ウィリアムヒルのスロットなどカジノゲームでは、RTPをいつでも確認できるのです。
この点から、ウィリアムヒルの透明性の高さが分かります。

サポートについて

ウィリアムヒルのサポート方法が以下の3つがあります。

ライブチャット 月・火:13~03時
水・木・金:9~23時
土・日:9~22時
メール support.ja@willhill.com(サイト内のメールフォームからの問い合わせがおすすめ)
24時間受付
電話 +44 870 600 0479

電話は国際電話の通話料がかかるため、チャットかメールがおすすめです。
受付時間内は、日本語が話せるスタッフが対応してくれますので、英語が苦手な方でもご安心ください。

ウィリアムヒルの「違法・合法」「信頼性」の総合評価

最後に、ウィリアムヒルについての総合評価を行います。
まず、「違法性に運営されているサイトではないか?」という疑問については、オンラインギャンブルが認められた国に運営会社が登記されており、ジブラルタル・MGAと信頼性の高いラインセンスを取得している点から、合法であると判断できます。
信頼性に関しても、会社情報やRTPを公開しているため極めて透明性が高いといえます。
サポートに関しても、日本語が話せるスタッフが対応にあたってくれるため、問題はありません。

上記から、ウィリアムヒルは合法的に運営されており、日本人が安心して利用できるブックメーカー・オンラインカジノであるといえます。

ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
ウィリアムヒルは、英国最大のブックメーカーですから、安心してご利用ください!