ウィリアムヒルのアジアンハンディキャップについて意味を解説

Pocket

ウィリアムヒルの賭け方にアジアンハンディキャップという賭け方があります。

賭けかたと特徴、他のハンディキャップとどう違うの?といった所を解説します。

アジアンハンディキャップとは?

各スポーツにおいて、対戦相手がいつも互角の実力とは限りません。この実力差を埋めるために存在するのがハンディキャップです。

そしてハンディキャップの中でも2択でのハンデ(引き分けがない)で行われるのがアジアンハンディキャップと言います。

※ヨーロピアンハンディキャップは引き分けアリの3択です。

サッカーで解説!

アジアンハンディキャップで賭けることのできる試合の一覧です。

青枠に注目してもらうと

マンチェスター・シティー(-2.0)-エヴァ―トン と書かれています。

これは、マンチェスター・シティーに -2.0のハンデがついている事を表します。

例えばこの試合の「マンチェスター・シティー(-2.0)」が勝つと予想したとします。

試合結果が3-2の場合

3-2のスコアだったとしたら、試合は勿論マンチェスターの勝ちですが、マンチェスターには(-2.0)のハンデがあるのでこの分を加算して考えなけれがなりません。

マンチェスターのスコア3に―2.0を加算するので、スコアは1.0-2となり、賭けには失敗したことになります。

4-2のスコアで終了した場合どうなるの?

今回マンチェスターに―2.0という整数のハンデが課せられています。この場合、もし試合のスコアが4-2で終わった場合、4に―2.0を加算して、2-2となり引き分けという計算になります。

アジアンハンディキャップでは引き分けに賭けることはできないのでこの場合、払い戻しという方法がとられます。

※$10賭けていたら、このお金が口座に返金されます。

数字が2個書かれているのがあるけど?

よくみると()内に数字が2個書かれているものがあります。この場合について説明します。

紫枠に注目すると、ブライトン―チェルシー(-1.0,-1.5)とチェルシー側に2個のハンデが付いています。

この場合は、(-1.0)と(-1.5)両方に、掛け金の半分ずつを掛ける!という事です。

例えばチェルシーに$10賭けるとします。そうすると自動的にハンデ(-1.0)と(-1.5)に$5づつ賭けたことになります。

試合結果が1-2で終了した場合

  • 試合結果1-2ハンデ(-1.0)で「1-1」=ドローの為$5返金
  • 試合結果1-2ハンデ(-1.5)で「1-0.5」=賭けは失敗

試合結果が1-3の場合

  • 試合結果1-3ハンデ(-1.0)で「1-2」=賭けに成功!$5×オッズ
  • 試合結果1-3ハンデ(-1.5)で「1-1.5」=賭けは成功$5×オッズ

試合結果が2-2の場合

  • 試合結果2-2ハンデ(-1.0)で「2-1」=賭けに失敗
  • 試合結果2-2ハンデ(-1.5)で「2-0.5」=賭けは失敗

このような結果になり、ハンデによって損失も軽減されることもありますし、何より実力が差が埋まり賭けが楽しくなります!