ゴルフ

【ゴルフ】カシオワールドオープン

Pocket

2018年11月22日から11月125日にかけて開催される、JGTOツアー カシオワールドオープンの優勝者を予想します。

出場選手について分析してみよう

カシオワールドオープンは1981年にスタートした歴史のある大会であり、優勝賞金4,000万円(賞金総額2億円)をかけて争われます。JGTOツアーはこのカシオワールドオープンを含めて残り2戦となっていますが、最終戦であるゴルフ日本シリーズJTカップには賞金ランキング上位選手などの30名しか出場できない為、賞金ランキング中位の選手にとっては事実上の最終戦となると共に、この大会が終了した時点での賞金ランキング70位以内の選手に来年度のツアーシード権は付与される為、非常に重要な大会に位置づけられています。

さっそくベットしてみよう

それでは、ウィリアムヒルで各選手のオッズを見てみましょう。

ウィリアムヒルのトップページから「スポーツ」のタグをクリックするとスポーツ一覧が表示されますので、「ゴルフ」、「Casio World Open 2018」を選択すると、出場選手一覧が表示されます。

それでは各選手のオッズを見てみましょう。賞金ランキング首位を独走する今平周吾が9.00、昨年度のカシオワールドオープン優勝者である韓承洙(国内ランキング28位)が13.00、ショーン・ノリス(南アフリカ/同2位)が13.00、池田勇太(同5位)と稲森佑貴(同3位)が17.00、ブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア/同14位)が19.00で続いています。

やはりこの大会でも注目は今平周吾です。昨季は自己最高となる国内ランキング6位となり、今季は苦しみながらもフジサンケイクラシックで2位に入り、賞金総額の高いISPSハンダマッチプレー選手権でも2位に入るなど、賞金ランキング首位をキープ。そしてブリヂストンオープンで念願の今季初勝利をつかむと、その後も主要大会で上位をキープし、賞金ランキングを独走しています。今年は美人キャディで有名だった伴侶も得て、今もっとも勢いに乗っている選手と言えます。この大会で優勝すると、初の賞金王を確実なものとします。

今季残り2戦の優勝賞金が総額8,000万円と高額となっており、今平周吾を追うショーン・ノリスを始め、数字上はランキング13位のY・E・ヤン(韓国)まで賞金王の可能性が残されています。

この大会、今平周吾の優勝と予想します。