Pocket

2018年11月4日に開催される、明治安田生命J2リーグ第40節、松本山雅vs東京ヴェルディの一戦を予想します。第40節はこの試合以外にも大分トリニータvs横浜FC、町田ゼルビアvsアビスパ福岡という上位勢が直接対決をするカードが多く、敗者は事実上自動昇格が困難になると言えます。2位松本山雅、5位東京ヴェルディのいずれにとっても絶対に負けられない対戦となります。

両チームについて分析してみよう

それでは、「FUTBOL24.COM」という予想分析サイトを活用して、両チームの戦績等について分析してみましょう。

松本山雅と東京ヴェルディは2012年以降に11回対戦しており、松本山雅の6勝2敗3分けとなっています。特に松本山雅のホーム、サンプロ・アルウィンでは2勝3分けと無敗が続いています。

直近での6試合をみてみると、松本山雅は2勝1敗3分け、東京ヴェルディは3勝1敗2分けとなっています。松本山雅は前節の大分トリニータ戦での敗戦により、首位陥落となっています。また松本山雅は2試合連続無得点となっており、快足FW前田大然の不在が大きく影響していると言えます。東京ヴェルディは取りこぼしが目立っていましたが、それでも守備が大崩れする事はありません。

それではベットしてみよう

それではウイリアムヒルで両チームのオッズを調べてみましょう。

倍率は松本山雅の勝利が2.15、東京ヴェルディの勝利が3.30、引き分けが3.20となっています。勝敗の他にも、複数のベットオプションが用意されており、複数ベットする事ができます。

ホームで圧倒的な強さを見せる松本山雅ですが、FW前田大然やMFパウリーニョ等ケガ人が多く、ベストメンバーを組むことが難しい状況となっています。更に前節の大分トリニータ戦ではGK守田達弥が試合終了間際に相手選手との接触により負傷してしまい、この試合への出場が危ぶまれています。対する東京ヴェルディはU-19アジア選手権でMF藤本寛也を欠いているものの(負傷により帰国)、その他にはケガ人もなく、好不調はあるもののベストメンバーを組める状態にあります。前節では愛媛FC相手に2-2で引き分けたものの、アグレッシブな試合展開は自動昇格圏内の2位を目指すにふさわしい戦い方と言えます。左サイドを得意のドリブルで切り裂くFW泉澤仁と前節に完全復活を思わせるパフォーマンスを見せたMF井上潮音に注目してみましょう。

この試合、東京ヴェルディのアルウィンでの初勝利と予想します。