Pocket

2018年11月25日に開催される、J1昇格プレーオフ1回戦、大宮アルディージャvs東京ヴェルディの一戦を予想します。長きにわたり開催されたJ2も終わり、松本山雅と大分トリニータの2チームがJ1へ自動昇格となり、残りの1枠を3位横浜FC、5位大宮アルディージャ、6位東京ヴェルディで争う事になりました。昇格プレーオフに勝利しても、昇格決定戦でJ1・16位のチームに勝たなくてはならない為、1回戦に出場する東京ヴェルディは3連勝、大宮アルディージャは最低でも2勝1分けがJ1昇格への最低条件となります。

 

両チームについて分析してみよう

それでは、「FUTBOL24.COM」という予想分析サイトを活用して、両チームの戦績等について分析してみましょう。

大宮アルディージャと東京ヴェルディは2005年以降に9回対戦しており、4勝4敗1分けの五分となっています。今季に限っても、それぞれのホームで勝利しており、1勝1敗となっています。

直近での6試合をみてみると、大宮アルディージャ、東京ヴェルディ共に3勝1敗2分けとなっています。大宮アルディージャは取りこぼしが目立つものの復調しつつあり、東京ヴェルディは中位以下のチーム相手に苦労しつつも最低限の勝ち点を積み上げているのが分かります。

それではベットしてみよう

両チームのオッズをウイリアムヒルで調べてみましょう。

 

倍率は大宮アルディージャの勝利が2.05、東京ヴェルディの勝利が3.40、引き分けが3.40となっています。勝敗の他にも複数のベットオプションが用意されており、複数ベットする事ができます。

最終節での勝利により5位にすべり込んだ大宮アルディージャは、昇格プレーオフ1回戦をホームのNACK5スタジアム大宮で戦う事ができ、しかも引き分けでも2回戦進出が決定するという大きなアドバンテージを得ています。いっぽうの東京ヴェルディはホームの味の素スタジアムに戻る事はできず、記念すべきチーム創立50周年をJ1で迎える為には、あと3戦を全勝する必要があります。東京ヴェルディが取るべき戦略はシンプルのため、恐らくJ2の戦い方とは違った内容で大宮アルディージャ戦を迎えるものと推測されます。

大宮アルディージャでかつてプレーしていた東京ヴェルディMF泉澤仁が、この試合のキーマンとなります。第32節の松本山雅戦で負傷してしまい、残りのリーグ戦を棒に振ってしまいましたが、このプレーオフ1回戦に間に合う・間に合わないでは、チームの戦い方も大きく変わってきます。

この試合、東京ヴェルディの勝利と予想します。