Pocket

2018年11月11日に開催される、明治安田生命J2リーグ第41節、東京ヴェルディvsカマタマーレ讃岐の一戦を予想します。前節の松本山雅戦での敗戦により、自動昇格となる2位以内が極めて難しくなった東京ヴェルディ。J1昇格プレーオフ圏内の6位以内を確保するのが現実的といえます。対するカマタマーレ讃岐は21位以内が確定してしまいました。ただJ3の結果次第では、21位であればJ2残留の可能性が僅かながら残っているため、21位のロアッソ熊本を追い抜くべく、限りなく低い可能性に全てを賭けて戦いを挑んできます。

両チームについて分析してみよう

それでは、「FUTBOL24.COM」という予想分析サイトを活用して、両チームの戦績等について分析してみましょう。

 

東京ヴェルディとカマタマーレ讃岐は2014年以降に9回対戦しており、東京ヴェルディの3勝4敗2分けとなっています。今季カマタマーレ讃岐のホームでは1-3で敗戦を喫していますが、ホームの味の素スタジアムでは2勝1敗1分けと勝ち越しています。

直近での6試合をみてみると、東京ヴェルディは3勝2敗1分け、カマタマーレ讃岐は1勝3敗2分けとなっています。東京ヴェルディは大崩れする事がないものの、僅差の試合を落とすケースが多く、また下位チーム相手の取りこぼしが多くなっています。カマタマーレ讃岐は21位ロアッソ熊本との直接対決に勝利したものの、その後は2敗2分けと勝ち点を伸ばす事ができていません。

それではベットしてみよう

それではウイリアムヒルで両チームのオッズを調べてみましょう。

 

倍率は東京ヴェルディの勝利が1.44、カマタマーレ讃岐の勝利が6.50、引き分けが4.33となっています。順位通りのオッズ差となっています。勝敗の他にも、複数のベットオプションが用意されており、複数ベットする事ができます。

東京ヴェルディは昇格プレーオフ圏内の5位に止まっているものの、7位大宮アルディージャとの勝ち点差はわずか2となっており、これ以上の敗戦は許されない状況です。カマタマーレ讃岐は21位以内が確定したものの、21位に止まる事ができれば、J3の結果次第(J2ライセンスを持っていないアスルクラロ沼津が2位に入る)では奇跡のJ2残留を果たす事ができる為、降格圏内が確定しても高いモチベーションで挑んでくる事が予想されます。

この試合、東京ヴェルディの勝利と予想します。