Pocket

現時時間2018年11月25日に開催されるF1アブダビグランプリ決勝の優勝者を予想してみます。全21戦で争われるF1も、このアブダビグランプリを残すのみとなりました。既にルイス・ハミルトン(イギリス/メルセデスAMG)の通算5度目のワールドチャンピオンが決定、ブラジルグランプリでルイス・ハミルトンが優勝した事により、メルセデスAMGのコンストラクター・チャンピオンも決定しました。

アブダビグランプリについて調べてみよう

アブダビグランプリはUAE(アラブ首長国連邦)の首都アブダビにあるヤス・マリーナ・サーキットで開催され、全長5.544kmを55周で争われます。2009年に初開催され、今回が9回目の開催になります。2014年以降はF1シーズンの最終戦として継続開催されているサーキットでもあります。昨シーズンはバルテリ・ボッタス(ギリシャ/メルセデスAMG)が優勝しています。このグランプリの特徴は、終盤の直角コーナーが連続するところでサーキット内に建設されているホテルの下をくぐるという事と、ピットアウトの際にコースの下をトンネルでくぐるという事、そして日没開催のトワイライトレースという事です。

それではベットしてみよう

それではアブダビグランプリのオッズがどうなっているか、ウイリアムヒルで調べてみましょう。

倍率はセバスチャン・ベッテル(ドイツ/フェラーリ)とルイス・ハミルトンが2.62と並んでトップとなっており、昨年度優勝のバルテッリ・ボッタス(フィンランド/メルセデスAMG)が7.50、マックス・フェルスタッペン(オランダ/レッドブル)が8.50、キミ・ライコネン(フィンランド/フェラーリ)が10.00と続いています。

 

ワールドチャンピオン、コンストラクター・チャンピオン共に決定している為、各ドライバーは来季の契約に向けて、1ポイントでも多く稼ぐことが最大の目的になります。このレースはトワイライトレースとなり、日没後に路面温度が急激に下がるのが特徴です。今シーズンのF1はタイヤの種類が7種類に増え、その中から3種類を選択しますが、この様な難しい条件でのタイヤのチョイスがレースの行方を左右すると言っても良いでしょう。更に天候によっても選択肢が分かれる為、ピットとチームの戦略が試されるグランプリとなります。

F1最終戦となるアブダビグランプリは、セバスチャン・ベッテルの優勝と予想します。