Pocket

2018年11月16日に開催される、Bリーグ第10節、シーホース三河vs名古屋ダイヤモンドドルフィンズの一戦を予想します。Bリーグは東/中/西の3地区に6チームずつ分かれて開催され、各地区6回戦総当たりの36試合と、他の地区との2回戦総当たり、任意に選ばれる他の地区内所属3クラブとの2回戦、合計60試合で争われます。シーホース三河と名古屋ダイヤモンドドルフィンズは、それぞれ所属する地区(中/西地区)は異なるものの、同じ愛知県を本拠地としており、この試合は「愛知ダービー」と呼ばれています。

10月に開幕したBリーグ。両チーム共に15試合を消化していますので、早くも1/4が経過しています。

両チームについて分析してみよう

この両チームは開幕節で対戦しており、その際はいずれも名古屋ダイヤモンドドルフィンズが連勝しています。

シーホース三河はこれまで15試合を戦い、7勝8敗で中地区で4位につけています。シーホース三河はアウェーでは2勝5敗と振るいませんが、ホームでは5勝2敗と比較的高い勝率をキープしています。注目はアイザック・バッツ選手(アメリカ)です。リバウンド率は1試合平均12.8となっており、リーグトップを誇ります。

名古屋ダイヤモンドドルフィンズはこれまで15試合を戦い、12勝3敗で西地区首位となっています。注目は高い3ポイント成功率(48%)を誇る安藤周人選手です。そしてマーキース・カミングス選手(アメリカ)は、前節の秋田ノーザンハピネッツ戦では29ポイントを挙げるなど、ポイントゲッターとして活躍しています。

それではベットしてみよう

それでは、オッズをウイリアムヒルで調べてみましょう。

オッズはシーホース三河の勝利が1.80、名古屋ダイヤモンドドルフィンズの勝利が1.91となっており、その差が僅差という事がよく分かります。なお、ポイント差や合計得点数などのベットオプションを用意されており、複数追加する事ができます。

愛知ダービー第1戦で勝利し、なんとか勝率を五分にしたいシーホース三河。わずか3敗と絶好調の名古屋ダイヤモンドドルフィンズを倒すのは並大抵ではありません。名古屋ダイヤモンドドルフィンズは開幕2連勝を飾った相手に勝利をする事で、中地区首位の座を確固たるものとしたいところです。愛知を代表するチームはどちらか、そのプライドに賭けても負けられない対戦となります。

この試合、名古屋ダイヤモンドドルフィンズの勝利と予想します。