【開催報告】In-house SEO Meetup [Kansai Edition 2015] powered by CSS Nite


2015/8/1(土)In-house SEO Meetup 初の関西バージョンを開催しました。

In-house SEO Meetup [Kansai Edition 2015] powered by CSS Nite
In-house SEO Meetup [Kansai Edition 2015] powered by CSS Nite

午前11時30分~午後7時までの長丁場ではありましたが、登壇者の皆様の素晴らしいプレゼンテーションにより、大変充実した1日になったと思います。
今までIn-house SEO Meetupは東京でしか開催していなかったので、普段お会いできない方々とお会いすることができて大変刺激になりました。
ご参加いただいた皆様ありがとうございました!

■セッションラインナップ(敬称略)

「企画背景:情報流通とデバイスの変化」

三澤直哉(リクルートライフスタイル)

従来のウェブメディアは、顕在層を意思決定させ、最終行動に移すことに注力してきました。しかし、情報流通とデバイスの変化により顕在層へのアプローチはいまやレッドオーシャンです。今求められるSEOは、意識が顕在化する前の潜在層への態度容認を促し顕在層へ移すこと。この時代に求められるSEOの基本スキルについて学びます。

「Google & SEO」

長山一石(Google)

まず、Googleが力を入れている「Mobile Friendly」「App Indexing」「Google Now」の3つのトピックについてお話しいただきました。

SEO関しては、「Googlebot君を幸せにしてあげる観点」(URLの発見、クロール、インデックス、サーブ)と、「ユーザーを幸せにしてあげる観点」の2つの視点があり、ユーザー理解のために、「サーチコンソール(Search Console)」を通じた定量データ分析を行いましょう、とのアドバイスがありました。

「『GinzaMetrics』 オペレーションを制す者がSEOを制す」

黒瀬淳一(Ginzamarkets)

Googleの良質コンテンツ重視の方針がより鮮明になっている中、コンテンツ作成は「SEO/マーケティング」「企画/編集」「システム」によるチーム戦で戦う必要があります。それを支援するツールとしての「Ginzametrics」の機能・特徴についてご紹介いただきました。

「コンテンツマーケティング『Mieruca(ミエルカ)』」

副島啓一(Faber & Technology)

コンテンツがGooglに評価されるためには、そのテーマに対して「専門性」「深堀り」「網羅性」が大事であり、ユーザーを理解し検索ユーザーの意図欲求に応えることが必要。それを支援するツールとして、「Mieruca」の活用方法についてご紹介いただきました。

「エンタープライズ向けSEOプラットフォーム『ブライトエッジ』」

河原茂樹(BrightEdge)

対象サイト/ページのランディングキーワード、キーワードグループごとのシェア・オブ・ボイス、レポート作成のための支援機能のほか、「データキューブ」というオリジナルのキーワード発掘ツールについてのご紹介をいただきました。

「あなたのサイトはどんな状態?健康診断をしてみよう」

井前弘人(エトヴォス)

流入経路は大きく5つあり、経路によってロイヤリティに差があるので顧客理解度に合わせて指標や施策を決めるべきです。

「2015 ヒップスター・ハッカー・ハスラーミートアップ」開催のご案内

芝先恵介(アドベン)

デザイナー、エンジニア、プランナーが、ビジネスアイデアを中心として出会う場を提供し、スタートアップのチーム作りをしているMeetupのご紹介をしていただきました。

「手間と時間をとことん節約 効率よく結果を出すSEO」

住太陽(ボーディ)

前半はSEOが不得意な領域について、後半はSEOが得意な領域についてご紹介いただきました。
何でもSEOで解決しようとする「SEO病」は問題であり、SEOは数多くのウェブマーケティング手法のひとつに過ぎないという認識を持つことが必要。全体を見ながら適材適所で他の手法との組み合わせで行うべきである、とのお話をいただきました。

「SEOの基本的メソッド 検索ユーザーの意図を読み取り、成果につなげる! キーワードリサーチのプロセスと活用事例」

江沢真紀(アユダンテ)

今のSEOに重要なのはキーワード、ニーズ、コンテンツをすべて連動して考える事。ユーザーの検索意図を理解しマッチするコンテンツを作るためのキーワードリサーチの手順をCarview様、セシール様の事例をもとに紹介いただきました。

「明日作るコンテンツがわかる! キーワード・コンテンツ 管理と実践」

白砂ゆき子(Faber Company)

キーワードをグループ化し、グループ単位の動向を分析することによって伸びシロのあるテーマを発掘するアプローチについてのプレゼンテーション。エウレカ様運営サイト「Couples」を題材に、「Mieruca(ミエルカ)」を活用して実際にトラフィックを伸ばした事例をお話しいただきました。

「事業会社における コンテンツ施策推進ポイント」

伊東周晃(ぐるなび)

「ラストクリック層に対する刈り取り」に終始していることに問題を感じたことが、コンテンツ施策を推進するきっかけ。KPIは解析ツールの指標だけにはこだわらず、成長フェーズに応じてKPIの再設定を行うべき、といった話をしていただきました。

「もし、コンテンツ施策を実行するのなら、シナリオを読み補完する。そして継続する仕組みを作る。」

床尾一法(シンプルシーン)

コンテンツ施策はユーザーからの信頼・信用を得るまで、継続することができなければ意味がなく、それに向けた「ユーザーとの対話の目論見」を設計することが必要との強いメッセージがまずありました。また、それを定量的に検証できる仕組みを構築するとともに、継続できるための体制づくりの重要性についてもお話しいただきました。

「コンテンツマーケティング&SEOの効果測定」

レイ・グリセルフーバー(Ginzamarkets)

コンテンツ施策はすぐに売り上げには繋がらず、どの指標でKPIを見れば良いのか分からないので効果測定を行うことは難しいケースが多い。サイトの成長段階に合わせて見るべき指標を考えるべきです。

「パネルディスカッション」

■パネラー:
白砂ゆき子(Faber Company)伊東周晃(ぐるなび)
床尾一法(シンプルシーン)
レイ・グリセルフーバー(Ginzamarkets)
■モデレーター:
三澤直哉(リクルートライフスタイル)

「読まれないコンテンツをつくるのは終わりにしよう! ユーザーと検索エンジンが評価するコンテンツ制作のポイント」

松尾茂起(ウェブライダー)

コンテンツ乱立時代の中、数々の医療系ビッグワードでGoogle検索上位表示を実現している同社運営の「ナースの仕事術」を例にしながら、SEOを意識したコンテンツ制作に必要な3大要素「専門性」「分かりやすさ」「信頼性」について、エンターテイメントも交えながら(?)、明快にお話しいただきました。

「Google Live Q&A」

長山一石(Google)

会場からのTwitter等を通じた質問に、Google長山様にご回答いただきました。無限スクロールタイプのページにおけるJavascriptのクロール精度の話や、titleタグの書き換えの話など、興味深い質問が多数取り上げられました。

最近のSEO文脈では必ずと言ってもいいほどテーマとなるコンテンツマーケティングですが、それ以外にも“ユーザーの検索意図(Intent)”という言葉が目立って使われていた気がします。
ただ単に、面白いコンテンツ、バズるコンテンツを作るのではなく、“ユーザーに寄り添った”コンテンツ作りをしていきましょうというメッセージが、全体を通じて発信されていました。

今回のMeetupは初めての関西、そして初めての大規模ということで、様々な関係者の方のお力で無事開催出来ました。

特別協賛の4社様

会場でおいしいコーヒーを振る舞っていただいた舘田珈琲焙煎所の舘田さん

そして、全面サポートいただいた鷹野雅弘(スイッチ)さんをはじめとしたCSS Nite実行委員会の皆様、この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました!

追記
いくつかのブログで、この日の模様を取り上げて頂いておりますのでご紹介いたします。ご紹介ありがとうございます!


Comments

comments