[開催報告]The 17th In-house SEO Meetup sponsored by CyberAgent[テーマはApp IndexingとAMP]


2016年3月11日の夜、約100人のインハウスSEO担当者が集まり、今年最初のIn-house SEO Meetupを開催いたしました。

テーマは、昨年からSEO界隈で話題となってるGoogleのモバイル対応「App Indexing」と「AMP」です。

今回の豪華パネラー陣

今回の豪華パネラー陣

イベントのプログラムや登壇者など開催概要に関してはこちらをごらんください
The 17th In-house SEO Meetup sponsored by CyberAgent イベントページ

 


ゲスト登壇者

グーグル株式会社
プロダクト パートナーシップ本部
パートナーシップ マネージャー
ダンカン・ライト氏

パートナーソリューションズ事業部
APAC パートナーオペレーションマネージャー(Search)
津田恵理子氏

サーチ クオリティ チーム
シニア サーチ エヴァンジェリスト
金谷武明氏

株式会社サイバーエージェント
Ameba統括本部
Amebaメディア本部
SEO戦略室 室長
京都大学経済学研究科研究員
木村 賢氏

海外SEO情報ブログ
鈴木謙一氏

(スポンサー)
株式会社サイバーエージェント
インターネット広告事業本部
コンサルティング品質管理室
室長
饒村晃一氏

 


会場提供

株式会社ぐるなび

スタッフ協力
株式会社ぐるなびの皆様

 


スポンサースピーチ(CyberAgent)

まず最初に、今回のイベントのスポンサーをして下さったサイバーエージェントの饒村さんより「サイバーエージェントにおけるSEOの考え方」、「京都大学との共同研究によるGoogleのアルゴリズム研究によるR&D体制の紹介」、「コンテンツマーケティング支援サービス」について、支援メディアの事例を織り交ぜながらお話しいただきました。

そして、昨年Googleが公開して話題になった「検索品質評価ガイドライン」について、サイバーエージェントSEO品質管理室による日本語訳ドキュメントを希望者に無料で配布!というお土産を持ってきてくださいました。

サイバーエージェント鐃村さん

サイバーエージェント鐃村さん

 


Googleの「App Indexing」「AMP」の取り組み

次に、Googleのダンカン・ライトさんより、「App Indexing」と「AMP」の紹介と、その開発背景を解説いただきました。

Googleダンカンさん

Googleダンカンさん

ユーザーの毎月の総検索量や、インストールしたアプリの使用状況、サイトスピードとユーザーの離脱率の関係性などモバイルユーザーの現状と課題から、今なぜGoogleがこの2つのプロダクトに力を入れているかをお話しされました。
「App Indexing」に関しては、Now on Tapに対応していることやiOS9から対応するといった今後の展開や、Ameba、cookpad、食べログといった大手事業者の成功事例とともに、最新事例としてAlibabaの成功事例を具体的な数値とともに共有いただきました。
一方、2/24にGoogle上に正式展開された「AMP」は、インハウスSEO担当者がまず最初に知りたい「AMPを導入するとユーザー体験がどう変わるのか」「コンテンツ事業者にとって何がいいのか」「今後どのような環境になっていくのか」といったマーケッターとしてプラットフォームをどう活用していくべきなのかといった内容のセッションでした。AMPのソースコードはOSSでGithub上に公開されています。また、AMP Cacheの配信プラットフォームは、Googleのほか、Twitter、Linkedin、Pinterest、日本国内もLINEやAmebaなどが予定されています。

最後に、AMP対応にあたっての参考ドキュメントをご紹介いただきましたのでご活用してください

Ampproject.org(英語)
github.com/ampproject(英語)
AMP日本語導入ガイド
AMP対応 2016.02版

 


小ネタ

我々tsprメンバーも実は悩んでいたのですが、「AMP」の呼称について、ネットワーキング中にGoogleさんに聞いてみました。「アンプ」と呼ぶのは日本独自であり、正式には「エーエムピー」だそうです。

SONY DSC


サイバーエージェントの「AMP、App Indexing」の取り組み

前回、昨年12月のMeetupでのスペシャルLTに続きサイバーエージェント木村さんご登壇による、Amebaの取り組み事例のセッションです。

Ameba木村さん

Ameba木村さん

「App Indexing」「App Indexing API」「Google Now」「AMP」など、次々と新たな取り組みを積極的に進めているAmeba。今回もここに 書いてはいけない 書ききれないくらいの盛りだくさんの内容でした。
それぞれのプロダクトを導入するにあたり、「社内調整」「実装」「期間」そして「効果」など、経験しているからこそわかる、それぞれの難易度や取り組みのレベル感を比較表にして共有いただきました。これは大変参考になるものでした。
また今回のテーマである「App Indexing」の導入にあたり、「ブラウザチーム」と「アプリチーム」の相反する利害関係の葛藤に関するいきさつは大変興味深いものでした。
確かに、検索エンジンから直接アプリや外部のキャッシュにトラフィックを流すということは、ブラウザチームにとってはそのままではマイナスとなるだけであり、そこをどのように社内調整をし、全社最適を図ってチームを動かしていくのかなど、今後、インハウス担当者が通ることになるであろう課題を、事例として共有いただいたことは大変に有意義なものとなりました。

 


パネルディスカッション

最後はパネルディスカッション

ウェブマスター オフィスアワーでお馴染みの、Googleダンカンさん、津田さん、金谷さんのお三方と、サイバーエージェントの木村さん、海外SEO情報ブログの鈴木謙一さんといった豪華メンバーをパネラーとしてお迎えしてのパネルディスカッション。

パネルディスカッション

パネルディスカッション

「App Indexing」「AMP」について、導入実装によるランキングへの影響や、具体的な掲載表示状況、Search Consoleとの連携、本体Webサイトとの関係性など、みんなが感じている様々な疑問を、みんなが感じている様々な疑問を事前に集め、鈴木謙一さんに補足説明を加えていただきながら、Googleの皆さんに質問しその場で答えてもらうというライブ感のある内容でした。

 


最後に

今回のセッション、パネルディスカッション、そしてネットワーキング中に交わした雑談の中において分かったことは、Googleにおける「AMP」への力の入れ具合は相当なものであるということです。

現状では、対応範囲も実装形式も、そして外部環境もまだまだバージョンアップの途中経過ではあるものの、来年の今頃にはモバイルプラットフォーム上で、私たちはどのようにユーザーとコミュニケーションをとっているのか今から楽しみでもあり、またそこまでの道のりには「まだまだやることがいっぱいあるなw」という印象を持った、今回のMeetupでした。

今回のMeetup開催においてご協力いただきました皆様、会場提供とスタッフを引き受けていただいたぐるなびさん、そしてお忙しい中集まっていただいたインハウス担当者の皆様、ありがとうございました。この場を借りて御礼を申し上げます。
今年も、みんなでよき情報交換をすることで、それぞれのミッションである事業の成功につなげて、各自のプレゼンスを高めていきましょう。
我々は、今年も引き続きみなさんが学ぶ機会を提供してまいります。

 

SONY DSC

最後に全員で記念撮影

 


Comments

comments